家の価格相場が誰でも今スグ調べられる方法で家の高額売却を目指す

モノに対して執着しない私ですが、売却した家を引き渡した時には少し涙ぐみました(笑)。楽しいことも悲しいことも共有してきたお家ですから愛着を持っていたんですね。

愛着のある家だからこそ、妥協せずに満足のいく条件で売りたかった私は、意気込んで不動産業者に相談しまくりましたが、肝心なことに気が付いていませんでした。不動産業者に相談するより先にやらなければならない大切なことがあったんです! それは何か?

まず、落ち着いて「家の価格相場を知ること」から始めましょう。ここでは家の価格について、簡単に調べる方法をまとめました。

家の価格相場を知ることは家を売ることの第一歩

家は同じものが二つとない個別性の高い商品です。立地や環境、住んでいる人、築年数など、すべて同じ物件というのは存在し得ません。同じものが二つとない商品ですので、売ったときの価格も千差万別なのです。そのため、家の売却を思い立ったら、最初に相場価格を知ることが非常に重要です。相場価格を知っておかないと、不動産業者から提示される価格が安いのか、高いのかの判断さえつきません。

価格相場とは家の価値を示す客観的なデータ

家を売却する際には、売り主が売り出し価格を決めますが、その価格は、不動産の相場と不動産業者による査定額を参考にして決めることになります。そのため家の価格相場は、定価のない家という商品の価値を推し測る重要なデータになります。

家には「査定額」「売り出し価格」「売買価格」の3つの価格がある

家には「査定額」「売り出し価格」「売買価格」という3つの価格があります。それぞれの価格は以下の1~3の順番で決まっていきます。

1.「査定額」は不動産業者が算出

不動産業者が机上査定や訪問査定の結果から家の価格を算出します。この価格を査定額と言います。重要なのは「1社だけの査定を鵜呑みにしないこと」につきます。不動産業者が提示してくる査定額は、業者ごとに驚くほど異なるからです。

なるべく多くの業者に査定してもらうことが理想ですが、自分で不動産業者を訪ねて回るのは大変です。そこで、インターネット上で利用できる無料の一括査定サービス「すまいValue」と「イエウール」を使い、査定額を簡単に手に入れてみましょう。

約40も存在する不動産の無料一括査定サービス、その中でも以下の2社がおすすめです!2~3分のかんたん入力でまずは相場を把握しましょう!

都市部に強い!大手不動産会社6社に査定依頼できるのはココだけ!⇒【すまいValue
1600以上の業者が参加!全国の幅広い不動産に査定依頼!⇒【イエウール

2.「売り出し価格」は査定額をもとに売主が決める

不動産業者が出した査定額をもとに、売主と業者が相談して決めるのが物件の売り出し価格です。売り出し価格が決定すると物件の販売がスタートし、広告や情報サイトなどへ物件の情報が掲載されます。

3.「売買価格」は買主との交渉で決める

購入希望者が現れれば、売り出し価格をもとに売買価格の交渉に入ります。この売買価格が実際に家を販売する価格になります。

査定額、売り出し価格、売買価格にそれぞれの相場がある

3つある家の価格には、それぞれ相場があります。相場を調べる際には、3つある相場のうちどれを調べるのか、理解したうえでリサーチすることが重要です。

価格相場を知るために簡単な情報収集から始めましょう

不動産の価格相場を知るために、「査定額」「売り出し価格」「売買価格」の情報収集を行い、それぞれの相場を見極めましょう。ここからは私が実践した情報収集や相場の調べ方をまとめて紹介していきます。

家の価格相場をインターネットで調べてみる

インターネットを活用する場合は、知りたい相場に合わせて利用するサイトを変えましょう。

一括査定サイトで家の「査定相場」をリサーチ

不動産の査定相場を知りたい場合は、インターネットの「一括査定サイト」を利用しましょう。一括査定サイトとは、不動産を売却したいときに、提携しているいくつかの不動産会社へ、ユーザーの代わりに見積もり査定依頼を代行してくれるサービスです。ほとんどのサイトが無料で利用できます。

不動産一括査定サイトは、複数ありますが、最大6社に一括査定を依頼でき、査定依頼と同時に物件の相場もわかる、イエウールが特におすすめです。

「不動産情報サイト」で家の「売り出し相場」をリサーチ

不動産情報サイトには、現在売り出し中の物件が多数掲載されています。ここでは不動産情報サイト「SUUMO」で売り出し価格の相場を調べる手順を説明します。

①トップページ中央の【買う】という項目にある【中古一戸建て】をクリックします。


②エリアを選択できる画面が表示されるので、売却物件と同じエリアを選択します。ここでは【東京都】をクリックします。


③売却物件と同じ条件の路線にチェックを入れます。
④さらに細かく条件を指定するため【条件を追加する】をクリックします。


⑤物件自体の条件を入力できるので、売却したい物件と同じ条件を入力していきます。
⑥【この条件で検索する】をクリックします。


⑦条件に該当した物件数が表示されました。
⑧物件ごとに「販売価格」が表示されます。この価格を販売価格として参考にしてください。


「土地総合情報システム」で家の「売買相場」をリサーチ

国土交通省のサイト「土地情報システム」は、アンケート結果にもとづいた日本全国の不動産の売買価格情報を公表しています。このサイトからは、実際に取引が行われた物件の売買価格を参考にすることができます。実際にアクセスして、情報を取得してみましょう。

①画面左側で条件の指定ができます。最初に、参考にする売買情報の時期を指定します。
②売却したい物件と同じタイプをクリックして選択します。ここでは【中古マンション等】を選択します。
③売却したい物件と同じエリアを、プルダウンメニューか選択して指定します。
④この条件で検索】をクリックします。


⑤条件に合致した物件の取引価格が表示されます。間取りや築年数、構造など、売りたい物件と近い条件の物件があれば、その売買価格を参考にしてみましょう。


家の価格相場をインターネット以外でも調べてみる

インターネット以外でも家の相場を調べることは可能です。ここでは「査定相場」と「売り出し相場」を調べる方法をまとめています。

複数の不動産業者に机上査定を依頼する

上記で紹介した一括査定サイトの中から、高い査定額を出してくれた不動産業者を数社ピックアップして、次は直接その不動産業者に査定を依頼してみましょう。この場合はデータで金額を算出する「机上査定」という方法での査定を依頼しましょう。

不動産情報誌やチラシで他の家の売り出し価格を見てみる

ポスティングされている不動産チラシにはリアルタイムで売りに出されている物件の価格が明記されており、参考になります。雑誌やチラシに載っているエリアと物件情報を確認しながら、売りたい物件に近い家を探し、そこに掲載された価格を参考にしましょう。チラシ以外にも、不動産情報誌や不動産情報サイトなどで売りに出されている価格も参考にしてみましょう。

考察(まとめ)

ここでは家の価格相場をリサーチする方法をまとめました。不動産には3種類の価格があるので、相場に関してもそれぞれの価格に見合った相場があるんですね。またそれぞれの相場を調べる場所も違ってくるので、「相場を知るのは家を売るための第一歩」といっても、これから始めて家を売るという人にとってはなかなか労力のいる第一歩かなと思います。

でもここでくじけずになるべくいろんな情報を得て、家を売るための作戦を練ることが理想の不動産取引への近道なので、時間と手間を惜しまずに相場をリサーチしましょう。

高く家を売るコツは「不動産会社選び」にあり!

一括査定で複数社をカンタン比較

査定価格は不動産会社によって異なります。
その結果、家の売却額が数百万円も変わってしまうことも……。
だからこそ、複数の査定価格を比較して、自分に合った不動産会社を見つけることが重要なのです。

家を高く、早く売りたいなら、無料で査定価格がすぐにわかる不動産一括査定サイトを活用するのが賢い方法。そのなかでも、おすすめなのが「すまいValue」と「イエウール」です。

すまいValue
大手不動産6社(三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介+、三菱地所ハウスネット、小田急不動産)に一括で査定依頼できる唯一のサイトです。
イエウール
全国1600社以上と提携する国内最大級の不動産一括査定サイト。大手から地元に強い中小不動産会社まで幅広くカバーしています。

それぞれ違う強みを持つこれら2つのサイトを使えば、不動産(一戸建て・マンション・土地)の査定依頼は万全です! たった2〜3分の入力で簡単に依頼できるので、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

プロフィール

こんにちは。
東京で独身時代を過ごし、現在は結婚して関西でマンションを購入。趣味は食べ歩きとマンガを読むことです。
※ちなみに、イラストの後ろはマンガで、決して札束ではありませんよ(^^)。
20代のとき、マンションを購入&売却しましたが、買うのはいいけど売るときは失敗だらけ…。意外と周りにも同じ失敗や体験をしている人が多かったのです。そこで、高く売るためのサイトを作ろうと一念発起!
素人ながらに調べた知識をみんなで共有できたらと頑張っています。

>> 運営者情報

家やマンションを高く売る方法