家・マンション売却時は家具を処分しないとダメ?最もお得な処分法も

生来のめんどくさがり屋である私は、家を売り出す前「家具・家電付きで家が売れたら楽じゃん」と思っていたのですが、不動産業者の担当さんから「いやいや、そこはきっちりしないと!」と怒られたことがありました。私が家を売った時に、家具・家電の処分について不動産業者さんに教えてもらったことや自分で調べたことを皆さんにもお伝えします。

売却した不動産は空き家の状態で引き渡すことが原則

家やマンションを売却するときは、家具や家電などの荷物がすべて片付けられた、空き家の状態で引き渡すのが原則です。不用品はすべて不動産の売主が責任をもって処分しないといけません。

残念ながら不動産の買い手にとって、旧オーナーの家財道具はゴミとして認識されてしまいますので、「タダで譲ります」といっても喜ばれないことが多いです。

不用品を処分するタイミング

家やマンションを売却して引き渡す場合、家の中をからの状態にしておく必要があります。引き渡しまでのどの段階で家財を処分するのに都合のいい、2つのタイミングについてまとめます。

購入希望者の内覧が始まる前に家財を処分する

不動産業者が作った広告やチラシを見て、物件に興味を持ってくれた購入希望者への第一印象を良くするためにも、家を見に来られる前に片付けと掃除をしておくことはとても大切です。ですので、内覧が始まる前に不用品を処分してしまいましょう。

売り出し中の物件に住み続けている場合は、生活に必要な最低限の家財は残しておく必要がありますが、家の中をスッキリ開放的に演出する必要がある内覧を機会に、家財の処分を始めるのは良いタイミングと言えます。

内覧は、購入希望者を購入に踏み切らせるための大切なセレモニーです。万全の準備を整えれば、自然と不用品の整理が進むはずです。内覧を迎えるための準備については【不動産(家・マンション)は内覧での好印象が売却へ繋がる!内覧のチェックポイント】を参考にしてください。

不動産を引き渡す時期を交渉して家財を処分する

物件を引き渡す際には、不要な家具や家電はすべて売主が処分しないといけません。処分する時間を確保するため、引き渡しの時期について買主と交渉することをおすすめします。内覧の時点で不用品の処分が終わっていれば、数日程度で最終的な処分は完了するはずです。

引き渡し直前まで家財を残しておくと、最後のかたずけが大変です。家を売ると決めた段階から売却までのスケジュールを可能な限り組み立てておきましょう。売却から引き渡しまでの流れについては、【家・マンションを売るときの査定から引き渡しまでの手順を知る】で詳しく紹介しています。

空き家にしておくことのメリット

家を売るときは、空き家にしておく方が早く売れる可能性が高いです。その理由をまとめてみました。

好きなタイミングで内見の案内ができる

空き家であれば、売却依頼をしている不動産業者に家のカギを預けておくことができます。不動産業者に空き家のカギを渡しておけば、売主の都合に関係なく、内覧者の都合のいいタイミングで業者が案内してくれるのです。不動産業者や購入希望者の好きな時間にいつでも内見できるというのは、物件を売るということにとって大きなプラスポイントになります。

家具や家電がない方が部屋を広く感じられる

家の売却では、部屋や家全体をより広く見せることがポイントとなります。広く見せるには、空き家状態の方が都合がいいのです。

部屋の中に家具や家電がない状態の方が、部屋自体が広く感じられます。また家具が置かれていない方が、内見に来た購入希望者も、家具や家電の配置を自由に想像することができます。

引き渡しのときに家具や家電を処分しなくて良いケース

レアなケースですが、家財道具付きでも引き渡しができる場合もあります。それは購入希望者から「残った家財を引き取る」という意思が確認できたケースです。自分で買い手を見つける場合は、「家財道具付き」を条件に購入希望者を募集してみてはいかがでしょうか。この条件で応募があった場合、両者合意の上なので家財の処分が不要です。

家財の価値は不動産価格に上乗せできない

もし、家財を購入者に引き取ってもらえることに成功したとしても、家財の価格を物件の価格に上乗せすることはできないと考えましょう。家財に価値があるのであれば、それは売主が処分して換金するべきです。「換金すればお金になる」と購入希望者に伝えても、「換金に手間がかかる分を価格から差し引いてくれ」と交渉の材料にされるのがオチです。

照明器具やエアコンは例外的に引継ぎしやすい

家財はすべて処分するのが売却時の鉄則ですが、例外が2つあります。照明器具とエアコンです。どちらもしっかりと清掃しておけば、高い確率でそのまま引き取ってもらえます。ただし、喫煙者がいた部屋のエアコンなどは悪臭が残るので、引継ぎを拒否されるケースも多いようです。

家財の上手な処分方法とは

引越しは何かと出費が多いので、不用品は安く処分したいところです。時間と手間を惜しまなければ、安く抑えることができますが、逆に時間と手間を省きたい場合は、お金がかかります。ここでは不用品の処分方法を6つに分けてまとめました。お金を節約するのか、時間と手間を軽減するのかを検討し、6つの方法上手に使い分けてください。

面倒を避けるなら友人に譲る

まずは、親しい友人に欲しい家財があるかどうか尋ねてみましょう。その友人が近所に住んでいて、直接引き取りに来てくれれば非常に助かります。私の場合は、昔の我が家に友人が遊びに来た時に「カワイイ!」と言ってくれた食器棚を譲りました。「あのぉ…取りに来てもらってもいい?」とお願いしたところ、その友人は旦那さんと車で取りに来てくれたのでとても助かりました。

友人に頼むのは手間や出費が抑えられる点もいいですが、一番良いのはその譲ったモノを大事に使ってくれそうなところですね。

オークションサイトで売る

オークションサイトに出品して売却するのも良い方法です。わずかながらでも換金できるので、少しでも転居の出費を抑えたい人にはお勧めです。ごみと思っていた商品が、マニアから見たら実はお宝だった……なんて家財があれば、思わぬ臨時収入となるかもしれません。ネットオークションで注意したいのは、商品の写真と商品説明です。売却した商品に瑕疵があると、あとから必ずトラブルになります。商品の写真は必ず全方向から撮影し、傷やシミなどがあれば明瞭に映してください。そして、そのことを説明文ではっきりと伝えましょう。そのうえで「中古品であること」「美品にこだわる方にはお勧めできないこと」を明記しておきましょう。

状態の良いものはリサイクルショップで売る

近所にリサイクルショップがあれば、そこへ不用品を持ち込むのおすすめです。中古の生活家電などはオークションサイトへは出品しにくいですが、リサイクルショップへなら気軽に持ち込めます。

リサイクルショップへ持ち込む場合、拭き取れる汚れは事前に落とした方が印象も良くなります。また、買取してもらえなかった場合はそのまま引き取ってもらえるかどうかを確認しておきましょう。換金が無理でも、そのまま引き取ってもらえるのなら不用品が処分できるので大助かりです。

安く済ませるなら自治体の粗大ゴミ受付センターへ行く

多少の手間をかけてでも安く処分したいという人は、住んでいる自治体の粗大ゴミ受付センターを利用しましょう。自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込み、決められた日に粗大ゴミを受付センターへ持って行けば、処分にかかる手数料が免除または減額されるケースがあります。ほとんどの自治体でインターネットから申し込み手続きができるので、手続き自体はそう難しくありません。

大きな荷物が運べて、日程にも余裕がある場合は検討する価値があります。格安で粗大ごみを処分できるのは大きな魅力です。

手間を省くなら引越し会社に処分を依頼する

引越し業者の中には、不用品の引き取りサービスを行っているところもあります。引越し作業を依頼した会社に不用品の引き取りや処分について相談するのが、手間のかからない方法です。不用品の回収や処分には別途料金が発生しますが、こちらで処分する手間が省けます。

作業日を指定したい場合は不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者への依頼は、処分の手間がかからないので便利です。自治体で処分する場合は、自分で不用品を運び出し、処理場まで運搬しなければなりませんが、回収業者に依頼した場合は、業者が養生を行い品物の搬出もしてくれるため、建物に傷がつく心配がなく、重たい荷物でも安心です。

換金可能な家財はなるべく換金しよう

不用品を一気に処分する前に、換金できるものがあるかどうかを確認してみましょう。あなたにとってはゴミ同然でも、持っていくべきところへ持っていけば意外なほどの価格で買い取ってくれるものがあるのです。

売りたい商品によって利用する店を変える

不用品を換金するコツは「適切な場所に持ち込むこと」です。なんでも買い取ってくれるリサイクルショップは便利ですが、査定が得意でない分野は相場よりも安く査定してきます。ここでは、どんな商品をどこへ持ち込めばいいのかを詳しく紹介します。

古着は専門のリサイクルショップへ

古着に特化したリサイクルショップも全国にいろんなお店がありますが、有名ブランドの古着のみを扱うブランド古着専門のリサイクルショップと、服の重さで買い取ってくれるノーブランドの古着も扱うリサイクルショップがあります。ブランド古着専門のリサイクルショップは、メンズ、レディースを問わずハイブランドからストリート系まで、モノの価値を見て買い取ってくれるので、ブランドものの古着を売りたい場合はブランド古着専門のリサイクルショップがおすすめです。

家具は専門の買取業者へ

材質とデザインに優れた家具、有名ブランドの家具は、たとえ古くても高く買い取ってもらえる可能性があります。家具を売るなら詳細な査定をしてもらえる家具専門の買い取り業者に依頼するのがおすすめです。

家電はいろいろなところで換金しやすい

家電を売る場合はまずその商品の製造年を確認しましょう。製造年から時間が経過していない商品が高く買い取られる傾向にあります。時間がたっている場合でも製造から5年以内であれば、どのお店でも買い取ってもらえる可能性が高くなります。ただ、大型の家電をネットオークションなどに出品する場合、売れた時の発送などに手間がかかり、少々面倒です。

書籍はオンラインの古書店へ

本を高く売るコツは、その本の価値をちゃんと判断して高く買い取ってくれるお店に売ることです。オンラインの古本屋は、実店舗を構えていないため、店舗の建設、運営コストがかからず、人件費も最小限に抑えられているので、通常の店舗型のお店よりも高く買い取ってくれる場合が多いです。ただし、発行部数の多いヒット作や、二刷以降に刷られた書籍は高額での売却は見込めません。

骨董品(美術品、レトロおもちゃなど)は実績のある古物商へ

骨董品の価値は素人が見て判断できるものではありません。見るからに古いものや状態が悪いものでも、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

骨董品には決まった価格がありません。そのため、持ち込む場所やタイミングが異なるだけで査定額に大きな差が出ることもあります。査定を希望する場合は、長年営業している実績のある古物商に依頼するのが良いでしょう。

リサイクルショップで高額買取してもらうための条件とは?

高く買い取られている家具や家電には共通する特徴があります。下に書いてある特徴を参考に、どんなモノをお店に持っていけば高価買取してもらえるか検討してみてください。

清潔な「美品」

中古商品であっても、ユーザーは商品の状態を吟味して購入します。キズや汚れ、変色、タバコの臭いには敏感に反応します。また目立つところにキズがあると予想以上に査定金額が下がる傾向があります。

付属品がそろった「完品」

電化製品を筆頭に、付属品が揃っていないと買い取りしてもらえない商品はたくさんあります。例えば電子レンジの中の丸いお皿は、それがないと製品として買い取ってもらえません。いわゆる「完品」ではない商品に対しては、厳しい査定額を出す業者が多いようです。

デザイン性が高いもの

デザインと機能性にこだわったデザイナーズ家具やスマート家電は、今の中古市場に出回っている数が少ないため、高く買い取ってもらえる可能性が高いです。デザインにこだわっている商品なので売り場でも目立ち、リサイクルショップでも人気商品です。

希少性が高いもの

最新の家電は中古市場に商品が出回っている数が少ないので、高く買い取られます。また最新の商品に限らず、人気で品薄の商品も高い金額で買い取ってもらえます。絶版本や人気作の初版本も高額査定が期待できます。

季節家電はシーズンの真っ只中に売るのがベスト

冷蔵庫や洗濯機、掃除機、炊飯器など、季節を問わず需要がある家電の場合、状態が良ければ高く買い取られる傾向にあります。ストーブや扇風機といった季節家電は、シーズン真っ只中の品切れになりやすい時期のほうが高く買い取られやすいのです。シーズン前はお店に在庫がある状態なので買い取り価格が下がりがちになります。

考察(まとめ)

家財の処分はそう簡単に終わりません。お金をかければ業者に依頼して一気に片付きますが、お金を少しでも節約したいなら、売却から引き渡しまでの段取りが大切です。そのためには、【売却から引き渡しまでの流れ】をしっかりと把握しておきたいものですね。

家具・家電の処分は、手間と時間をかけると出費が抑えられて、お金をかけると手間と時間を省くことができます。またリサイクルショップの活用についても、なるべく専門店に品物を持って行く方が、的確な査定額を出してくれることがわかりました。

私はまだ引越しをする予定はありませんが、「使わなくなった家電や読まなくなった本を売りに行こうかなぁ」と、珍しく片付けをする意欲が芽生えてきました。でも家にそんなに高価なものがないことに気づき、ちょっとだけ寂しくなってきました…。

関連記事

プロフィール

こんにちは。
東京で独身時代を過ごし、現在は結婚して関西でマンションを購入。趣味は食べ歩きとマンガを読むことです。
※ちなみに、イラストの後ろはマンガで、決して札束ではありませんよ(^^)。
20代のとき、マンションを購入&売却しましたが、買うのはいいけど売るときは失敗だらけ…。意外と周りにも同じ失敗や体験をしている人が多かったのです。そこで、高く売るためのサイトを作ろうと一念発起!
素人ながらに調べた知識をみんなで共有できたらと頑張っています。

>> 運営者情報

家やマンションを高く売る方法